« ディレクティング・ザ・フィルム | トップページ | レンズ交換可能HDV日本発売 »

2007年11月 6日 (火)

イメージメカニック LLP(予告編)

今年6月ぐらいからプランニングを開始しまして、今月あたりからボチボチ稼動に。
いえね、いつも組んでいるフリーのプロマネ、T君と映像プロダクションを作ったんです。
名称は「イメージメカニック有限責任事業組合」です。
メカニック、という言葉に「整備士」をあてています。僕は以前から、映像作品は「装置」のようなものだ、というイメージがあって。

最初は、株式会社にしようとしていたんですが、色々情報があつまるうち、有限責任事業組合(日本版LLP)という新興の組織形態になりました。法人ではなく、いわゆる「組合」の特例的組織で、制定されてから日も浅く、はたして不動産(事務所)借りられるのか、とか、銀行口座は大丈夫か、といろいろ心配あったんですが、今のところ何の支障もなく、法人のように各種契約ができています。
この形態は、法人と同じ資格で各種契約や取引ができながら、実態としては個人事業主の集まり、というわけで、法人税がかからないのと、報酬(というか人的金銭的出資に対する配当)の額が自由に決められるというところが良いのです。そのかわり、組合員の増減や出資額の変更が不自由だったり、知名度がない、とか色々不便な面も(やってみてはじめて分かった色々がね)。
あまり恒久的な組織としては発想されていない感じがありますね(映画の制作委員会とかそういうのに使われているみたいです)。まあ、しばらくこれで走ってみて、その先が見えてきたら色々考えるつもり。

事務所は、メンバーの利便性を鑑みて有楽町線江戸川橋に借りました。このあたりは、お隣の飯田橋エリアの人気におされて、価格競争にまきこまれ家賃が安いんです。しかも、出版社や編集プロダクションの集積地ということもあるのか、不動産を借りる上での審査もゆるい感じがします。
まだ電話もひけていない状況なんですが、しっかりしてきたら、また正式にご案内したいなと思います。

個人(フリー)で何年もやっていると、所帯が小さいぶん楽なんですが、やはり色々な限界とか、不自由さも逆にあるんですよね。そのあたりの意識が相棒と一致したわけでした。

...しかし、オフィス用の家具って高いっすね、中古オフィス家具のオフィスバスターズにはすっかりお世話になっています(それでも高い、まーあの業界も在庫に場所とるからな~)。

|

« ディレクティング・ザ・フィルム | トップページ | レンズ交換可能HDV日本発売 »

映像制作/演出」カテゴリの記事

コメント

LLC=合同会社 というのもありますね。

こちらは法人税がかかりますが、LLP同様に利益配分を自由にできるし、実際に経営に参加する人だけが仕事の決定をできます。出資だけする人は配当だけで議決権はない。
そこが株式会社と違います。欧米の映画製作はこの方式が多いです。

投稿: TOVI | 2007年11月 7日 (水) 06時03分

> 法人と同じ資格で各種契約や取引ができながら

なるほど~。
フリーの人が集まってつくつには良い形のようですね。

投稿: Fukuda | 2007年11月 7日 (水) 12時15分

株式を検討しているときに、合同会社(LLC)も検討したんですが、やはり法人なので、特にお金の内部的運用(報酬関係)が不自由です。小規模にフリーが集まるには、やはりLLPが今のところ良い様な気がしています。まーこれもある程度走ってみないとなんともいえないですが。

投稿: 千崎 | 2007年11月18日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/16998528

この記事へのトラックバック一覧です: イメージメカニック LLP(予告編):

« ディレクティング・ザ・フィルム | トップページ | レンズ交換可能HDV日本発売 »