« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

アナログとデジタル

今さらながら、というテーマかもしれないんですが、今だからこそ、という感じもします。

いうまでもなく、ものづくりのキホン(というか原型)は「アナログ」です。
まず、アナログなものづくりが先行してあって、それをデジタルに置き換えた作業環境が、今僕らが使っている「デジタルな物づくり」なんだと思います。
まるでデジタル生まれの3DCGですら、そのインターフェイスは、ジオラマと人形を作ってカメラで撮影する、という実に古典的な「人形アニメの工房」そのものですし。

で、こういうデジタルな手法がひろまってくると、デジタルだからこそ出来る事、に当然注目が集まります。
大きくは「正確な作業が簡単に(速く)できるようになる」「やり直しが簡単にできるようになる」の二つだと思います。
この二つがなかったら、そもそも作業をデジタル化する意味なんてあんまりないでしょう(まあ、実際にはコストが下がる、という巨大なメリットがありますが、それはクリエーターの幸せという観点でいうとああでもあり、こうでもありで、この際棚にあげておきましょう)。
デジタル化によってもたらされたものがある、と同時に失われてしまったものは何なのかを考える事はとても重要だと思います。

この事については色々なことが考えられるし、色々な事が書けるとおもうのですが、一言で言えばなんなんだ、と。
僕にとって、デジタル化によって失われた一番大きなもの、それは「ドライブ感」だと思います。
「ノリ」とか「グルーブ感」といってもいいんですが、それだと少し音楽寄りのイメージなので。
映像の編集という事に限って言えば、アナログ時代(テープ編集時代)にあった緊張感とか、後戻りできない恐怖感とか、編集室のエディターと勝負する感覚とか、タイムコードを頼りに編集結果を「想像」するという脳の力技を使う感覚とか、そういうものがきれいさっぱりなくなってしまいました。すべてが自分のペースになると同時に、すべてが「現物合わせ」、そして追い込まれる事がなくなって、わくわくする感覚が薄れた。なんでもコンピューターの中でできるのでね。テープ編集のスタジオでできることは10数万円のMacBookと10万円ぽっちのFCPだけで、それこそ「全部」できます。
その結果、まあ、僕にとって編集作業はどんな状況でも楽しい事には違いないのですが、「楽しい」の質がかわってしまって、なんというか、ものたりない感じがする。

... かといって、出来上がるアウトプットがダメになったとかそういうことはありません。失ったものとひきかえに先の二つの特徴があるので、いくらでも何度でも見直してやりなおせる、とか、全部を自分で管理するので誤解の生じる余地がなくなり作業が正確になる、など利点がいくつもあり、ツールをちゃんと使いこなせてそれらがうまく機能すれば、作品のアウトプットとしては同等、あるいは、むしろ高いクオリティになると思います。

だったら、なんでこんな事を考える必要があるのか...別にクオリティがさがるわけではないし、クライアントがアナログな作業をのぞんでいるわけでもない。むしろデジタル環境は「ラク」なのでクライアントからも望まれています。
でも、体のどこかに、映像の編集(制作)はPCを使った「操作」とは違う、もっと直接的だったり肉体的だったりするものだと思うし、マウスをクリックすることでも、キーボードの→キーを押す事でもないんだよね〜、という感覚が強くあるんですよ。
おそらく、テープ編集時代の編集結果と、DTVの今の編集結果では、納品物としての「クオリティ」というものとは違う「質(質感?)」の違いがあるのではないのか。それは、デザイナーが定規で引く線と、イラレで自動的に引く線との違いというか。そういう「質」の転換が、あまり自覚されないままに、アナログ→デジタルという流れの中で起こっていると思います。

まあ、「作る主体」としての満足感とか、仕事という体験の豊かさ、みたいな問題なのかな。
じゃあ、アナログに戻るの?と問われれば、それはまっぴらごめんです。
なにより、今の仕事環境の中ではアナログ手法はペイもしないし、まじゃくに合わない、周りから取り残されるし、今までの投資もムダになる。それこそ「仕事にならん」のですから。
なので、失われたドライブ感を取り戻すというより、何か別のところ(モノ、感覚)をドライブさせていく必要性を感じている、ということかな。なんか上手くいえないんですが。
デジタル化によって、技術が誰にでも均一にいきわたるようになって、その中で、どうプロであり続けるか、といったような問題でもあり。

ひょっとして、この問題は、アナログからデジタルへの移行をそのまま実体験として切実に経験している僕ら世代だからこそ感じることのなかもしれません。
根が深いので今後もしつこく考えつづけたいと思います。

[1/5圧縮on the web]をはじめたころに、とあるCGデザイナーと交わしたメール対談を発掘してみました。基本的に今読んでもそうだな〜、と思えます。

コンピュータ物づくり話(山岸君との対談)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

Amazonのビデオレビュー

Amazonのレビューに、ビデオレビューがアップロードできるようになりましたね。
まだ実物にはお目にかかってませんが、注目しています。
YouTubeなどの動画共有サイトじゃない、こういう通販サイトで「直裁的に」動画のレビューが配信されるようになる...これは結構大きな影響力をもつかもしれません。
レビュアーの「ことば」や「表情」もそうですが、実際の「ブツ」のいい点や不具合を直接的に動画で見せることがでるのは、すごい。家電や、家庭用品、ベビー用品、あたりで効果がありそうです。
書籍やCDでもおもしろい展開が期待できるかもしれません。音楽も視聴ができるソフトも多いので、視聴と合わせて機能するようなビデオレビューもあり得ると思います。通販サイトにおける「評論動画」の配信が可能になったり。

ネットで動画、となった場合に従来と変わるのは「映像クオリティより内容である」「配信コストが激減する」の2点が大きいと思います。
この場合誤解(特にクライアントや代理店に)されやすいのは...
「映像クオリティより内容である」=「映像クオリティはどうでもいい」
とされてしまいがちなところです。映像や音声のクオリティがわるければ「内容なんて伝わるワケないじゃん」という、まったくもって当たり前の事に気づいていない方々も残念ながら確かにいるようです。
これではせっかくの「配信コスト激安」のネット動画の良さも活かせるワケがありません。
このあたりの「程よいバランス感覚」が最も今重要なんですよね〜。これはプロダクションサイドがもっと啓蒙していく必要もあるんだとおもうんですよね...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月21日 (月)

パーソナルフィールドスピーカー PFR-V1(ソニー)

暑いです。
こういう季節になると、ヘッドフォンをしての編集作業がつらい。
僕は普段は、AKGのオープンエアのヘッドホンを使ってまして、これのいいのは、細かい音まで詳しく聴ける、という性能のほか、ヘッドホンなのに、まわりの音がちゃんと聴ける、というところです。ヘッドホンなんですが、部屋の自分の前でスピーカーがなっている、という感覚で作業ができる。
密閉型の没入感はありませんが、快適に作業できます。
しかし、こう暑くなってくると、耳の周りを覆っているのでうっとうしくてたまりません。これをなんとかできないものかな、というわけで、ふとアタマに浮かんだのが、ソニーのパーソナルフィールドスピーカーPFR-V1です。この製品の存在は前から知っていて興味はあったのですが、いまひとつ購入意欲がわくところまで行ってなかったんです。でも、耳を覆わずに、ヘッドホンのような使い方、しかも、周りの音もオープンに聞こえる使用感という条件を考えると、このうっとうしい季節の編集作業には理想的です。
メーカーの希望価格は5万円を超えている高額商品ですが、折よく、アマゾンで半額ほど。それでもちょっと高いですが、作業環境を整えるための投資を惜しむとろくな事になりません...ということでぽちっと。オーディオ製品としてのコンセプトもとても特殊で興味があった、というのも大きいですが。

で、届きました。結論から言うと、前述の使用目的としては、抜群です。こういうのが欲しかった!そこそこ解像感もあるし、どちらかというとモニターライクなあまり演出していないチューニングで同録音をモニターするには、最適。ミックスには、ちょっと難しいですが、基本、狙いどおりの良い買い物でした。

しかしながら、普通のオーディオ機器としてはどうなのかな、というと、実に微妙ですね。
同じ価格を投入するなら、音楽を聴く楽しさを考えるとやや高級ヘッドホンか、高級PC用スピーカーを買ったほうがいいでしょう。
コンセプト的には、スピーカーを目の前にして音を聞く、という状態を、どんどんミニチュア化していって、いってみれば、リスニングルームを縦横30センチぐらいにまで縮小してアタマにかぶってみる、みたいな、バーチャルリスニング空間、みたいなものです。そのコンセプトは面白い!実に面白いですね。
でも実際には、やはり、小さなスピーカーを間近に聴いている、という印象は拭えません。
装着の仕方も微妙です。約半日いろいろ試してやっと「あ、これがコイツの音?」というところまで来ました。耳の真上からスピーカーを垂らすようにするのがコツみたいですが、それも、その人の耳の構造に大きく左右される感じですね。やっとこ、それなりに、ふーん、なるほど、という感じになりましたが、やはり、低音域が細く、中域から高域は奇麗に伸びてはいるものの、小さなスピーカーライク、全体的な印象はソースにもよりますが、基本「弱い」感じです。音楽でも、定位に凝った音響作品や、観客席の音も大幅にミックスしたライブ作品は面白く聴く事ができます。あと生録音も、ステレオ感が広がりがあるので楽しいですね。
でも、スタジオ録音のものは、エレクトリックな音楽も、アコースティックな音楽も、なんか「おいしい部分」が足りなくて、ちょっと欲求不満に陥ります。かなりユーザーの耳の形に依存する感じがあります。きっとこれで満足な良い音が楽しめる「耳のかたち」を持っている人もいるに違いありませんが、僕の場合だと、低音を出すダクトをかなり耳につっこみぎみにして、左右の耳を手で起こし気味(笑)にするとかなり良い音になります(が疲れます、手がね)。
低音ダクトと、中高音のスピーカーの角度を可変にしてくれるよかったかも、ですね。
音としては一応全部聞こえているのかもしれないけれど、「楽器の音を聴く快感」の表現力までは至っていない感じ。
レビューをあちこち読むと、普通のスピーカーを併用するとか、ウーファーを同時に鳴らすとか、そういう聞き方もあるみたいですが、いずれにしても、普通の人がカジュアルに使うには、そうとうクセがありますね。
この先、ボディソニックと合わせて業務用のシステムにしていくとか、そういう展開があるのかもしれませんね。

でも、なるほど、と思うのは、こういう、むちゃに特殊なコンセプトの製品を発売してしまうソニーというメーカーの摩訶不思議さです。普通、ちょっとあり得ない感じがしますが、カセットレコーダーやウオークマンやハンディカムを作ってしまったメーカーならではの「暴挙(笑)」が気持ちいいですね、ちょっと高かったですが、面白い買い物でした。
しばらく、色々試したり、物理的な改造をしたくなる製品、というか、惜しいところまで来ている感じなんだけど、やっぱり未完成、だから面白い、みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

YouTubeのアノテーション機能

今回はYOUTUBEの機能のお話。
進化してるんですね。

まだβ版なんですが、「アノテーション」という機能。
これは投稿したムービーに「注釈(アノテーション)」をスーパーインポーズできる機能で、吹き出しやテキストボックスを使ってコメントをテロップのように入れる事ができます。
さらに、この注釈には、YOUTUBE内のムービーへのリンクを埋め込む事が可能。
ムービーのあるタイミングでアノテーションを複数表示させ、そこから別のムービー分岐させたり、一個だけ最後に表示させて「つづき」のムービーへ飛ばしたりもできます。
今までリストから選ばせるしかなかったシリーズムービーも次から次へリンクでつなげて行く事もできるわけです。
↓コレ。
http://jp.youtube.com/t/annotations_about

動画の共有サービスは、無料で動画の配信を可能にすることから、企業や団体のいわゆるVP用途の配信プラットフォームとして大きな可能性があります(というかもう使われていますね)。しかもどんどん「使える」サービスに進化しています。先日のeyeVioのHD配信もそうですがね。
今後は、企業PRビデオもゴール地点が「YOUTUBE」(など)という仕事が増えて行くのでは。

いやまあ、そういうのは知ってるけど、まだまだ具体的には先の話だよね、というのは、すっかり間違っていて、今、そうなっている、という認識が重要かな、と。
ある局面でかんがえると、映像業界のライバルとしてweb業界の人たちがせまってきている、という風にもとれるし、どう協業していくのか、という事が重要で...。今そのあたりのトレンドを見誤ると、映像業界、とくにVP中心の人たち、かなりヤバい。自分もふくめて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

eyeVio_HD Pro

んー、ついにというか、とうとうというか、ソニーのビデオ共有サービス、eyeVioがHD対応になりました。

http://eyevio.jp/hdpro

対応コーデックのHDサイズのビデオをアップロードすると、720pのFLVで配信してくれる、というわけで、PCの他、PS3のクロスメディアバーからも映像の取得ができるようです。
ソニーさん、ハンディカムやブラビアの「HD」は1080i死守のくせに、eyeVioは720pでハイビジョン!をうたってしまうのね?というツッコミはともかく、これは画期的です。
まだまだ視聴環境を選ぶサービスではありますが、ハンディカムのHD化と、テレビ、PC、ネットの世界がやっとリンクした、という感じですね。ソニー戦略的にはある種必然だと思います(ということは、ハンディカムに720pモードが誕生する可能性も?eyeVioモード?)。

多分、これには2つ意味があって、ひとつは、きっちりきれいにHD撮影したものを、そのままの(とは言えませんが、ほぼ)高画質で配信できる、という点。<ユーザーの欲望がほぼそのまま配信できるようになった>
もうひとつは、なんでもない映像でもHD解像度というある種の「魔法」で、SD解像度ではえられなかった「見応え感」や「新たな意味」みたいなものを意図せず配信できる可能性があるという事。SDならなんでもない「目玉焼き」の画も、HDで見る事で、きれいでぷるんとしていて、見応えがある...とか。しかもそんな見ず知らずの人が撮った「みごたえ」映像を、リビングの40インチのブラビアでネットごしに見る事ができる...。<ユーザーが意識することなくHD技術によって偶然感動が生まれる可能性がある。これ、かなり、不思議な体験なのでは?>

僕としては後者の領域でどんなことが起こるのか興味があります。

このサービスは、家庭用ビデオカメラのHD化で、撮影は変わったけれど「見せ方(方法)」についてはいまひとつ煮え切らなかった部分をブレイクスルーしてくれる可能性があります。
まあ、現実にどれだけ利用されるものかはわかりませんし、他の同様のサービスが追随することもあまり考えられませんが、確実に意義のあるサービスではありますね〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »