« 4:3→16:9 | トップページ | Sorenson Squeeze 5 »

2008年8月 8日 (金)

Google ストリートビュー

いよいよ日本版も公開されましたが、これはおどろきです。
GoogleMap上で「ストリートビュー」ボタンを押すと道路からの360度ビューが表示されるというサービス。
治安維持上問題が、とか、犯罪者に悪用される、とか様々な事もいわれていますが、これを体験すると単純にびっくりします。
対象地域の道路の上を車で走りながら、ひたすら一定間隔で360度写真を撮り、それをGoogleMap上に表示させて自由にドラッグできるようにしたもの。しかも、ダブルクリックすると2段階でズームできます。
車でひたすら走り、タイマーで撮影しているらしいのですが、これだけの物量を見せられると唖然とするほかありません。

自宅近辺とか、事務所近辺とかみてみましたが、かなり克明に周辺状況が把握できます。
自宅近辺では、よくタバコを買っているタバコ屋さんのおじさんが全身ばっちり写っていて、どきっとしました。もちろん顔はぼかしが入っていますが、知っている人が見ればまるわかりです。写っているのがひょっとして僕であっても多分不思議はないですね。
このサービスでの「プライバシー」は、顔にぼかしが入って入ればいいとかいう、不特定多数に対するプライバシー保護ではなく、「ご近所」に対するプライバシーの保護が重要なんだだと思いますね。ぼかしが入っていようが顔見知りならその人を特定できるわけで。
それを保つためには写真の中から「人間そのもの」を抽出して消してしまうとか、そういう技術が必要なんじゃないだろうかと思います。静止画だし、可能なテクノロジーのような気がしますが。
一方で、住所さえわかっていれば、今だ訪ねたことのない友達の自宅周辺を仮想的に実感できたりして、これは未だかつてなかった体験です。まー、あるいは同じような事をもっと悪意のあるかたちで仮想的に実感できたり...。

すごく面白いと同時に、なにか、そのうち悪い事の起こりそうな予感もともなったサービスです。

こういう事が可能なんじゃないかと思うことはできても、まず採算にはのらないし、誰もやろうとしないし、プライバシーうんぬんでちょっとやばそうだしな、などで、なかなかできないことをこうして、「やってみましたのでっ」と、カラっとリリースしてしまう...このGoogle的熱狂...ある種狂信的なこの感じ。これに生理的な嫌悪感をおぼえる人もでてくるんじゃないかな〜。Googleキモいから使わない、という層もでてくるかもしれません。

すでにまとめサイトも。

http://street.ne.tv/

違和感を感じつつも、ついつい「ストリートビュー」しちゃうんですよ、多分....面白いから...
仕事でも「街並ロケハンのそのまた下調べ」としては使えそうだしな。
こういうのを見ると「視覚的な情報」というものの、身もふたも無い「強さ」を見せつけられる感じがします。

|

« 4:3→16:9 | トップページ | Sorenson Squeeze 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Google ストリートビュー:

« 4:3→16:9 | トップページ | Sorenson Squeeze 5 »