« FCP物語(2) | トップページ | FCP物語(3) »

2008年10月 7日 (火)

UP(ユーピー)/ニコン

ヘッドマウントディスプレイっぽいもの。
なんでニコンが?と思ったら、カメラのファインダーの技術を成長させたものってことか。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0810/07/news073.html

いわゆる「没入感」というのとは違って、ウエアラブルというところに着目しているところが新しいのかも。
「開放型のヘッドフォン」のビジュアル方面的展開みたいなもの?なんか医療系とか別な方向にも進化していきそうですね。

こういう、半ば没入したり、半ば現実にもどったり、みたいなコンテンツの視聴環境は、これからもっと出てくるのかもしれません。
件のSonyパーソナルフィールドスピーカーなんかも、そういう方向といえるのかも。
このUP、動画表示のファインダー技術や、ヘッドフォン、PC連携といった使われている個々の技術ってソニーっぽいですけどね。

製品紹介ページ。ちょっと使いづらいページ。専用コンテンツも配信するようで、力が入っている模様。

http://www.upxup.jp/

こちらで買えるようです。

http://www.upstore.jp/

|

« FCP物語(2) | トップページ | FCP物語(3) »

ツール(ハード/ソフト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/42718332

この記事へのトラックバック一覧です: UP(ユーピー)/ニコン:

« FCP物語(2) | トップページ | FCP物語(3) »