« 持続させてある瞬間ぱっと切り替えるということ | トップページ | このところ »

2013年3月24日 (日)

お花見

今年はいきなり春になりました。
年々、季節の間のトランジションがなんか短くなっていますね。
大慌てで出かけた花見、場所は、小石川植物園です。

園に入って最初に出会うソメイヨシノが満開のゾーンはにぎやかすぎるので素通りして、その奥、サルスベリやスズカケの大木のあるゾーンに生えている、シブい枝垂桜と、エドヒガンの間に陣取って、まったり。やはり、花見は曇天に限りますね。晴天の青空は桜の色を楽しむには強すぎます。
Dsc00007

シダレザクラの花びらは少し小さくて細長い。
Dsc00008


モンキチョウもひらひらしていました。なんだかとてもひさしぶり。夏にベランダのサンショウに来るアゲハはなんか身近な感じですが、こういう、ありふれた蝶がなんだか久しぶりな感じがします。モンシロチョウやモンキチョウはいても気づかないほどありふれた存在だったはずなのに、知らぬ間に貴重な出会いに。

しかし、小石川植物園はいいですね、管理と放置の絶妙なバランスがいい。園内の池にはヒキガエルのオタマジャクシがわさわさしていて眺めているだけでいい気分です。
特に、園のはじっこに行くと、管理された林なのに自然な雑草ゾーンが出現してうれしい気分になります。
Dsc00031

ご近所でも桜が大慌て満開です。
近所の遊歩道で見つけた桜、地面すれすれに咲いてしまった花。ここにもサクランボがなるのか。
Dsc00037

桜をみたあと、久々に寄った近所の喫茶店。コーヒーを一杯。まったくもって落ち着く。本業はどうも、アンティークバイクのバイヤーっぽい。
Dsc00039

なんか、コーヒー一杯飲むだけなのに、すーっといろんあものがリセットされていくようないい感じのお店です。
この「いい感じ」を演出できるデジタル技術が生まれるのはいつの事なのか...。少なくとも、僕が生きている間は無理なのかも。その時の比較対象のためにも、こういうモノはなくしてはばらぬ、と思います。


|

« 持続させてある瞬間ぱっと切り替えるということ | トップページ | このところ »

コメント

いつもBlogを拝見させてもらってます。
この喫茶店はウチの近所!と思い思わず書き込ませて頂きました。雰囲気良いですよね。
マスターはトイコレクターの北原さんあたりと繋がってるみたいですね。

投稿: se-ta | 2013年4月 1日 (月) 11時48分

se-tasさん、お返事大変遅くなりました(ほとんどコメントないもんで油断してました)。そうですかご近所さんですね。あそこは照明といい、ジュークボックスといい、いいですね。喫茶店ってこういうところなんだよな、とおもいます。また行こっと。

投稿: senzaki | 2013年4月21日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/57025979

この記事へのトラックバック一覧です: お花見:

« 持続させてある瞬間ぱっと切り替えるということ | トップページ | このところ »