« このところ | トップページ | Nexus7のキーボード »

2013年5月11日 (土)

クラフトワーク来日公演 2013

行ってきましたとも。東京に暮らすクラフトワーク者としては当然の行動ではありますが。まあ、今年最初で最後の贅沢かな〜。

http://matome.naver.jp/odai/2136067296475505101

正直、どんなもん?という感じあったにはあったのですが、実際にみてみると、とても良かった。3D映像も予想以上の出来で、楽しめました。
基本的なアイディアとしては、タイポグラフィや、図形を飛び出させ、いつものライブに使う映像を3Dでマッチョにしたようなもので、かなりかっこいい。
このライブ、過去のアルバムを一日1枚づつ、3Dライブで再現するというもので、本日は、「人間解体/The Man-Machine」の日でした。
とはいえ、人間解体以外にも、主要な曲は全部やった感じですね。

開演直前

20130511_165536

3Dメガネ、日によって入っている紙のケースのデザインが違うらしい。

20130511_220659
20130511_220730

ほぼ、一番後ろで見たんですが、3D感は結構楽しめました。
開演前に、ステージ緞帳になんか冴えない映像が映っているのですが、始まってそれが落ちると、ワイヤーフレームスーツ」を着た4人と、ステージ背後のスクリーンからじゃじゃんと飛び出す、「The Man-Machine」のロシア構成主義風の、例のアニメ。いやがうえにも引きこまれ、図像が飛び出す面白さの虜になってしまいます。

3Dの良さは、平面を飛び出させる、というシンプルなアイディアの曲で最高潮でした。The Man-Machineとか、エレクトリックカフェからの曲とか。
音的には、コンピューターラブの新アレンジが旧アレンジよりロマンチック度が高まっていて気に入りました。シングルで出してくれたらぜひ欲しい。

ただ、やはり残念ポイントもあります。

●フローリアンがいない
これは言ってもせんないことですけどねえ。バルトスやフルーアがいないのはしょうがないとしても、ラフルのそもそもの盟友、フローリアンがいないのはやはりさみしい。前回の来日(もう9年もまえなのか)の時の、胸が焦がされるような感動が生まれない理由は、おそらくフローリアンの不在にあるのです。
脱退当初には、ソロアルバムを作る、という情報もあったのですが、どうなっているのか。彼のことだから、制作にかかっているとしても、あと10年ぐらいはかかるのかなあ、年も年なので、なんとか間に合ってほしいです。

●ロボットがいない
クラフトワークのライブのよびもののひとつが、ロボットの演奏の時にでてくる「クラフトワークロボット」です。これが、いなかったんです...。3D映像ではでてくるんだけど、やはり、実物があ!みたいですよ。
あの4体のロボットは、メンバーがいくら変わっても機能し続けるクラフトワークの「イコン」なので、もっと大事にしてほしいなあ。

●フクシマはあまりにとってつけている
ユーチューブでみて、ああ、こまった、と思っていた、放射能での日本語フクシマパートです。その8小節(かな)ぶんだけ、明らかに、クオリティが低下する。あの歌詞はだれが監修したんだろう。当然あの曲にはフクシマは追加されるべきですが、あまりにも美しくないなあ、と思う。せめて日本語にせずに英語で歌っていたら...それでもメッセージは十分に伝わるはず。

この3点以外は、大満足でした。

この先、クラフトワークにぜひ実現してほしいのは、メンバーが「来ない」ライブです。これが実現することで、80年台のクラフトワークがやろうとしたことが完成するような気がします。
例えば、来日するのは、メンバーそれぞれを模したロボットだけ。ライブは、クリングクラングスタジオから中継で行い、会場では、ロボットが演奏する、というようなもの。
あるいは、予め、2万円ぐらいで、音源内蔵のクラフトワークフィギアを買うと、年に何回か、通信を使ってライブをやってくれる、みたいなもの。家庭でクラフトワークのライブが楽しめる、みたいな。

クラフトワークの面白さは、そのビジネスモデルにもありますね。
過去に作った、いや、「作った」というような生易しいものではなく、極めて慎重に、かつ繊細に、構築したメロディやベースライン、リズムパターンを、その後ずっと、「運用」し続ける、というものです。最初に、ものすごい価値をつくっておいて、それをその先、運用しつづける。これは本当に「優れた作り手」にしかできない芸当ですね。
クラフトワーク、デビュー当時の60年代おわりに、こんな変なコンセプトのバンドが、世界有数の長寿バンドにひとつになるなんて、誰も想像しなかったんじゃないかなー、とおもいます。それも、この鉄壁のビジネスモデルがあってこそ。ローリング・ストーンズが続いているのとは、ちょっと意味が違うぞ、とおもいます。

なにはともあれ、フローリアンのソロアルバムですね、いつまでも待ちます。
が、ガセかもしんないんだよね、という気持ちもはんぶんぐらい。

|

« このところ | トップページ | Nexus7のキーボード »

コメント

読ませていただき、勉強になりました。土曜日もコンサートは行ったし、木曜日も行きます!

投稿: 土屋 麻穂子 | 2013年5月14日 (火) 12時55分

土屋さん
木曜日は、ツール・ド・フランスですか、楽しんできてください!

投稿: 千崎 | 2013年5月15日 (水) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/57363506

この記事へのトラックバック一覧です: クラフトワーク来日公演 2013:

« このところ | トップページ | Nexus7のキーボード »