« 猫につきまして | トップページ | 九州の地震…2 »

2016年4月16日 (土)

九州の地震…

居間でくつろいでいたら、なんか、ガツン、といった軽い衝撃があり、なんだろうと思っていたら、最初の熊本の地震でした。で、うちには、雷や地震動といった低周波に敏感な三毛猫がいるのですが、ガツンのあとも、彼女の緊張がどうも、解けない、なんか緊張しているんです。と思っていたら、二回目のM7.2が夜中に起きました。

九州の地震、心配です。亡くなった方にはご冥福をお祈りします。
避難中の皆様も、これだけの頻度で揺れ続けたら、ほんとうに参るでしょう。
本震→余震、といった今までの地震とは違う「群発大地震」といったこれまでなかった災害のようです。
5年前の東北とはまた違った災害ですが、その規模や、今までみたこともない、まるで地底怪獣が移動しているかのような異常な進行に、大きな不安を感じます。

しかし、近隣でこれだけ異常なことが起こっているのに、川内原発はなぜ、未だに動かしているのでしょう?
何かのチキンレースに挑戦しているのでしょうか?
ハードウェアがいくら大丈夫だとしても、これだけ危機が周辺にせまっていたら一応、「ぜったいに大丈夫」なのだとしても、大事を取ってとりあえず止める、というのが、良識的な判断だと思います。
人々が心配しているのは、ハード面の脆弱性についても確かにそうですが、それを運転・運用する電力会社や規制庁、政府の「頭」なんですよね。ちゃんと、ごく普通の、良識をもった、正常な判断ができているのでしょうか?そこに一番の不安があります。ふつう、万が一を考えて止めて様子をみるでしょう。すぐ隣の県で、M7以上なんだから。まして、今後も稼働したいならすぐに、止めて様子をみて、世間一般常識に則った原発運用をしていることを示すべきでしょう。
原発構内での揺れしか考慮していないかのように見える姿勢に、とっても危ういものを感じます。
原発とめたら電源がぁ、とか言っているひとも一部にいるようですが、それは心配ありません。今までだっとずっと止まってたんですから。事故っても被害が軽微な火力発電所を動かせばいいだけのはなしです。
電力の安定供給を担うべきは、原子力ではなく、電力会社なわけですからね。

今夜からの雨も心配です。おそらく火山灰の上に成立している阿蘇地方の地盤が…。
大きな二次災害がおこらないことを祈ります。

|

« 猫につきまして | トップページ | 九州の地震…2 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/63495755

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の地震…:

« 猫につきまして | トップページ | 九州の地震…2 »