« 九州の地震… | トップページ | 熊本大分震災・もやもや »

2016年4月17日 (日)

九州の地震…2

熊本と大分の地震。本当にお見舞い申し上げます。
こんな頻度で有感地震が起こっていたら、体も、それ以上に神経まいってしまいますよね。大変な天変地異です。地元の方々はほんとうに辛いと思います…、なんとか小康状態までこらえていただきたいと思います。

気象庁では、震源域がしだいに南に移ってきているとしていますね。これは、南西に伸びても、北東に伸びもも原発があって、心配です。
仮に原発じたいが無事だったとしても、周辺の送電設備が逝ってしまったらアウトだし、交通インフラの麻痺なども考えると万が一の場合の住民の避難もままならないのではないでしょうか?
本当に大丈夫なのでしょうか?これは、だれもが常識的に思う、ごく素朴な疑問だと思います。
マスコミも「異常がなく平常運転しています」としか言わないし、それって報道なのか、と。視聴者が気になっていること、疑問に思っていることに全くこたえようとしてませんよね。どこかの局のどれかの番組が特集として考察して当たり前の問題です。
やっぱり、マスコミは、政権に操られているのだと思わざるを得ません。テレビが寄り添うのは視聴者ではなかったんでしょうか?NHKは視聴者の出資で成り立っているし、民法も視聴者の信頼があるからこそ、スポンサーがCMを打つ価値があるわけですよね?

電力会社や政府は、ひょっとして、ここで止めたら負け、みたいなことを思っているのかなあ、だとしたら、本当に愚かですねえ。
これだけ大変な地震災害が起こっているのに、その上「原発大丈夫か?」という心配を地元のみなさん(+国民全員)に押し付けているのがわからんのかなあ。九電にしても、原発のおもりを一時的に軽減させて、停電の復旧にリソースを割いたほうが良いチョイスだとおもうんですが、そうは考えないんですね。まったく理解ができません。そんな子供みたいな連中が原発を動かしているのでしょうか?絶望的な気分になりますね。

今色々、「子供化」というか「幼児化」している感じがしているんですが、そのもっとも顕著な例が今の政治や経済を握ってるおじいちゃんたちだと思います。おじいちゃんが幼児化しているんですよね。経済一択でしか考えられない発想ってそもそも幼児的ですよ。幼稚園の先生のおっぱいで頭がいっぱいになってしまった幼稚園児のすがたが浮かんでしまいます。

この地震はほんと、今まで起こったことのない震災だと思います。この先、いつ収束するのかわからない。だって震源がどんどん移動していくわけですから。本震+余震がセットになって、フレッシュな場所に移っていく…、いつになったら収束するのか予測が難しいのだと思います。そのすぐ横で、原発が動いているというのが、どうしても異常に思えるのです。


|

« 九州の地震… | トップページ | 熊本大分震災・もやもや »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/63500993

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の地震…2:

« 九州の地震… | トップページ | 熊本大分震災・もやもや »