« 感想文:「圏外編集者」 | トップページ | 消費税増税は再延期なんですね? »

2016年5月30日 (月)

感想文:「作家の収支」

ミステリー作家、森博嗣の印税生活の本。これまたKindle版で読みました。

いわゆる「夢の印税生活」の内訳が赤裸々?に書かれたとても興味深い本です。
職業作家がどうやってお金を得ているのか、その内訳が事細かに書かれています。
よく、今は本が売れない時代で、小説一本で食っていくなんてとても無理!という話はよく耳にします。が、この本によれば、作家は「意外に効率よくお金がもうかる」商売だということになります。
しかも、通常の庶民的な労働と収益の感覚からすれば、まさに「夢の」といえる、高収入っぷりです。

その秘密は、どうやら、ある一定のクオリティを持った本を、「たくさん出す」ことにあるらしい。
デビューの時に、すでに数冊分の「小説の蓄え」があり、それが次々に出版される、それぞれがある程度の評判を取ると、相乗効果で売れていく、すると、重版がかかったり、単行本が文庫化されたりしてまた印税が入る、そういうサイクルを、休むことなくどんどん続ける…ということで「夢の印税」で生活がまわっていくようです。

ポイントは、自らが著作権を持つ「コンテンツ資産」をとにかく積み上げていく、というところにあるようです。「こつこつ」と積み上げていくことでどれかが売れ、どれかが再発され、どれかがドラマ化、どれかが映画化され、電子化され、そのたびに収益があがっていく。
その実態は、コンテンツ資産の「運用」に近い、という印象。
単行本を一冊出すと、その本が重版を重ねつつ、何年か後に文庫として発売され、それもまた重版しつつ印税を生み出してくれる、一粒で何度もおいしいのが、小説というコンテンツの儲かるしくみのようです。

現在、著者は、作家引退宣言(?)をして、一日に執筆時間1時間、それでも生活には困らないのは、過去のコンテンツ資産が着々と印税を稼いでくれているからです。このあたりも「資産の運用」に近いですね。

「重要なのはコンスタントに書き続けることで、それには、たいして才能は必要ない」と著者は書いています。でもさすがに才能は必要だと思うし、これは「持てるもの」の余裕の発言だと思いますが、小説の執筆を「商品の生産」として捉える見方は、ちょっと刺激的です。
また、これらコンテンツ資産の運用は、「小説」という、時間がたっても古くならないものだからこそ、可能である、というところも気づかされます。
それと、結構癖のある理数系推理作家という、独特の作家の位置、本の位置づけも成功に関連しているかもしれません。読書人全員が読まなくても、熱心なファンのコミュニティの存在が、安定的な収益をささえているのです。このあたり、先の都築響一の戦略にも通じるところがありますね。

私自身も、これまで、何冊か本を書いていますが、正直、あまり収益が上がっているとは言いがたい。本を書くという手間と、手に入る印税の額を比較すると、うーむ、という感じはします。ただ、印税率が、森博嗣とそう違うわけでもない(ちょっと低めですが)。収益の低さは、ひとえに、印刷部数が少ないからです。私の書く本は実用書だったり、ニッチな内容だったりして、多くて数千部がせいぜい。印税は、まずは印刷した本の部数に応じて支払われるので、収益をあげるには、それなりの部数がすられる必要があるのです(出版社との契約にはバリエーションがありますが、一般論として)。そして、収益の「本番」は、ほぼ不労所得といっていい、増刷によるものですが、それもなかなかままならないのが実情です。特に実用書の場合は情報がすぐ古くなってしまって、息長く売ることが難しいのです。
となると、なるべく多くの人が買ってくれて、息長く売れる本で勝負することになります。やはりエンターテインメント小説が最も印税をかせいでくれるカテゴリーということになるでしょう。でもその分野である程度売れるものを書くのは至難のわざ、ということは、夢の印税生活は、やっぱり、凡人にとっては夢のまた夢なのでしょう…。

それでもこの本を読む価値があるのは、いわゆる「コンテンツ・ビジネス」の要諦を、作家と小説という最小単位を使ってことこまかに解説しているという点です。
ふむふむ、ふむふむ、ふむふむふむ…とあっというまに読み進み、かなり、勉強になりました。

|

« 感想文:「圏外編集者」 | トップページ | 消費税増税は再延期なんですね? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/63704810

この記事へのトラックバック一覧です: 感想文:「作家の収支」:

« 感想文:「圏外編集者」 | トップページ | 消費税増税は再延期なんですね? »