« 感想文:「小説家という職業」 | トップページ | 感想文:「目の見えない人は世界をどう見ているか」 »

2016年6月 8日 (水)

サーモス VECLOS 真空ワイヤレスポータブルスピーカー

今日は、超小型ワイアレススピーカーのレビューです。
魔法瓶のメーカーがその真空技術を使って作った真新しいオーディオ。
ステレオバージョンもありますが、より手軽なモノラルバージョンを使っています。ほとんど仕事のBGMです。
これは、「ちょっと変わった&気持ちの良い音」のするスピーカーだと思います。

ハウジングの内側に真空の層をつくり、スピーカーユニットの後ろ側から発生する振動を吸収させることで、クリアかつ超小型のスピーカーを実現したというもの。まさしく、小型魔法瓶の一端にスピーカーを取り付けた構造をしています。
Bluetoothでプレイヤーデバイスと接続します(いちおうアナログのAUXインもついてます)

この音をどう表現すれば適切なのか、ずっと考えていたのですが、思いついたのは「音楽の精巧なミニチュアが鳴っているという印象」というものです。
わかりにくい言い方かもしれませんが、音楽を、グリコのおまけサイズまで縮小しているのにディティールがはしょられていなくて、ちゃんとちっちゃいネジまで再現してあるじゃん、という感じ。音楽のパーツの細部まで聞こえます。
さすがにこのサイズでは、豊かな音にひたる…というのは無理ですが(モノラルバージョンですしね)、それにしても、ちゃんと全部きこえるぞ!という感じ。この感じは独特です。

あと、ボーカル域が豊かで声がきもちいいです。ジョアン・ジルベルト聴いてみましたが、文句なしにいいかんじです。バンドの音楽でも、イントロではちょっと物足りないかな、と感じられても、ボーカルが聞こえてきた瞬間に印象がガラッとかわります。

このスピーカーで音楽聞いていて思うのは、オーディオによる音の説得力のあり方には「迫力」以外の選択肢があるんだなあ、ということ。小さいのに無理して迫力を装う、ありがちな音とはかなり方向性が違います。
例えば、多分これはダメだろうと思ってレッド・ツェッペリン聴いてみましたが、意外にも結構聴けました。ギターやシンバルの音に芯があり、極小スピーカーにありがちな、ペラペラな感じがない。音に存在感があるということでしょうか。ボーカルの出がすごく良いのでロバート・プラントもそのままの印象でシャウトします。アコギの音もしっかりしていますね。結構いい感じで聴けました、もちろんミニチュアサイズで、迫力はないんですが…。

あと、音のダイナミクスがごまかしなく再現されている感じで、のっぺり感がまったくありません。小さい音は小さく、大きな音は大きく、そのまま、このスピーカーのスケールに置き換えられて鳴っているという印象です。まさに音楽の精巧なミニチュアです。

面白いスピーカーです。このシリーズの今後の展開に注目したいと思います。
値段が少し高めなのが難ですが…5千円台だったら爆発的に売れそうな気がします。

追記)ほんとに軽い!缶コーヒーの重さです。

ステレオバージョン。レビューの評判も良いようですね。


|

« 感想文:「小説家という職業」 | トップページ | 感想文:「目の見えない人は世界をどう見ているか」 »

ツール(ハード/ソフト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/63748244

この記事へのトラックバック一覧です: サーモス VECLOS 真空ワイヤレスポータブルスピーカー:

« 感想文:「小説家という職業」 | トップページ | 感想文:「目の見えない人は世界をどう見ているか」 »