« サーモス VECLOS 真空ワイヤレスポータブルスピーカー | トップページ | このさきは。 »

2016年7月 7日 (木)

感想文:「目の見えない人は世界をどう見ているか」

今回もKindle本です。
このところ、電車で読みふけっていました。

「目の見えない人は世界をどう見ているか」
伊藤亜紗 著 光文社

目が見えない人との交流やインタビューを通して、「視覚のない世界の捉え方」を考察した本です。著者は、生物学を学ぶ学生から美学の研究者にワープした変わり種。

かの福岡伸一さんが推薦文を書いています。

 【福岡伸一氏推薦】
 <見えない>ことは欠落ではなく、
 脳の内部に新しい扉が開かれること。
 テーマと展開も見事だが、なんといっても、
 やわらかで温度のある文体がすばらしい。
 驚くべき書き手が登場した。

前から気になっていたのですが、Kindle版が出ていたのでポチッとしたのでした。読みたい本はあるけれども、物理的に本が増えるのはちょっとこまるのです。かといって図書館に注文してもいつ読めるかわからんし。

著者は、目が見えない人の生活は、必要な感覚が欠落した不完全なものなのではなく、「それはそれで完全なもの」なのだといいます。
椅子を安定させるのには、4本脚で支える方法も、3本脚でささえる方法あります。そのように「方法が違う」だけだというのです。なるほど。

これが「障害者福祉本」であれば、視覚健常者優位の生活環境に講義し、ユニバーサルデザインなどを語るのかもしれませんが、この本の特異なところは、「それはそれとして、眼が見えない状態で世界を認識するのはどんな感じ?」に行くところです。眼が見えないことによって、体の使い方、認識の方法、想像力の在り方は、「私たち目が見えるひと」とはどう違う?

読み終わって印象に残ったり、考えたりしたことを書きます。

○目が見えない人は俯瞰的に世界を見ている
何か行動する場合、目が見える人の場合には、見える通りに動けば良いし、行動と視覚は一体化している。
ところが目が見えない人は、動くための俯瞰的な地図を頭のなかにイメージしないと動けない。いったん、自分いる環境をバーチャルなものとして頭のなかに作り上げ、それを基準や参考にして行動を取る。
目が見えない人は、いつも自分が置かれた状況を俯瞰的に捉え、イメージしているのではないかというのです。
これは、行動と視覚が一体化している目が見える人の感覚とはだいぶ違います。

ちょっと似ているのかも、と思ったのは、CGのモデリングをやっているときの頭の使い方です。
CGをやる人ならわかると思いますが、モデリング時には、いま自分が作っているものの前も後ろも、上も下も、全部が検討課題になります。今作っているものや空間の客観的な形や配置きちんと把握しないといけません。これは行動と一体化している日常生活の視覚体験にはないものです。視覚障害者の環境の捉え方は、この感覚に近いのかも、思いました。
レンダリングはいわば「撮影」なので、視覚健常者の感覚そのものですが、モデリングからレンダリングにうつるときって、なんか「モデリング世界から抜けてこっちにもどってくる」みたいな感覚があります。
目の見えないひとは、そのまま「モデリング世界」で生きているのかもしれない……。そう考えると、なんかイメージできるような気がしました。

○目が見えない人と見えている人では同じ環境でもその「姿」が違う
同じはらっぱに二種類の生物がいたとして、片方は、草をたべている、片方は小さな虫をたべているとします。この二種類の生物は、まったく食性(生き方)が異なり、発達しているセンサーも別々なので、この二匹には、同じはらっぱは別の世界のように認識されているだろう…これが、この本にも登場する「環世界」という概念です。生物学者のユクスキュルという人が提唱して、各方面に影響をあたえました。
この環世界という概念が目の見えない人の世界認識を理解するヒントになると書かれています。

目が見えているひと(五感のセンサー群をフルセットで持っているひと)と、目が見えない人(センサー群から視覚が取り除かれているひと)は、この二種類の生物のように、同じ環境にいても、認識している世界の「姿」は別々なのだ…ということらしい。
同じ世界でも、別々のレイヤーで認識している、みたいな。そう考えると世界の姿は、障害の数だけある、ということになりそう。面白いです。

○人の眼で見る
この本で一番おもしろく、示唆に飛んでいたのが、目が見えない人と見える人がグループになって「美術を鑑賞する」という試みについての部分。
ある美術作品を前に、目が見える人たちがそれぞれ、その作品がどうなっているかを説明する。説明は、どんなものがどう描いてあるのかという「情報」にとどまらず、その人が感じたこと、思い出したこと、触発されて考えたことなど主観的なものも含めて語る。そして、それを聞いた目の見えない人が、質問したり、さらに目に見える人が答えたり、感じたり考えたことを議論したり、という「言葉による美術作品の鑑賞」が行われる。
つまり、目が見える人と見えない人共通に機能する「言葉」を鑑賞の道具とすることで、目が見える、見えないを超えた「鑑賞体験」ができる。
作品が、「体験のトリガー」になる、ということですね。

ともすれば、一人で鑑賞して、何か思って終わる美術館賞が、目が見えない人にも一緒に鑑賞してもらうことで、言葉というメディアを必要とし、結果、見るだけでは得られない貴重な体験になっていくということらしい。これは作品にとっても幸せな事だと思います。
表現する、表現を受け取る、ということの本質的な意味、みたいなものがそこに立ち現れるということなのではないでしょうか。
この先、どんどんオンライン化して、個人化していく「表現」の未来を考える上で、とても示唆に富んでいると思いました。
考えてみれば、視覚というのは、物事を認識する手段としてはとても「速い」です。それに比べ、しゃべり言葉というどちらかというと「遅い」手段をからめることで、より作品を深く鑑賞することができる、ということなのかな、と思います。

この本を読んでいて感じたのは(多分著者の狙いの大きな部分でもあると思いますが)、視覚をもっていることが逆に「ハンディ」になる事もあるんだな、そして、視覚が無いことによってはじめて分かる世界もあるのかもしれない、と言うことです。
僕は映像の仕事をしているので、視覚表現をとても大切に、頼りにに思っていて、今後自分が何かの病気や事故で視覚を失ったらどんなに絶望するだろう、と考えていました。
しかし、この本を読むと、見えなくなったらなったで、また別のものが見えてくるのかも、と思えるようになりました。

障害者福祉に興味がある方だけじゃなく、むしろ、ものづくりをしていたり、なんらかの表現活動をされている方にぜひ読んでほしい本でした。


|

« サーモス VECLOS 真空ワイヤレスポータブルスピーカー | トップページ | このさきは。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/63882832

この記事へのトラックバック一覧です: 感想文:「目の見えない人は世界をどう見ているか」:

« サーモス VECLOS 真空ワイヤレスポータブルスピーカー | トップページ | このさきは。 »