« 風呂敷良いですよ。 | トップページ | 感想文:脳内整理ですべてうまくいく!(著:菅原洋平) »

2017年12月17日 (日)

POMERA DM200は、黄泉の国からよみがえったオアシスポケットなのでは?

これで、移動中や移動先での執筆がラクになる。
久しぶりのモバイルガジェットを購入したのです。POMERA DM200。かつて、インターネットもない遠い遠い昔、出先での文章作成には、富士通のオアシスポケット(通称オアポケ)を使っていました。今はなき、富士通ワープロ専用機、オアシスシリーズのポケット版です。オアポケ亡き後、NECのWindowsCE機であるモバイルギアや、B5サイズWindows機シャープムラマサなどを、出先の文章書きに使ってきました。でも、どこかで、最初のオアシスポケットの幻影を求めていたような機がするのです。オアシスポケットは、いわゆるワープロに、ニフティサーブのパソコン通信機能がついた機能限定ミニパソコンでした。たとえば、出張先のホテルでナレーション原稿を書いたら、ニフティのテキストデータをファックスに送るサービスを使って、宿泊ホテルあてにファックス送信して、ファックスをプリンターみたいにして使ったりしてました。
で、このPOMERA DM200を見たとき、かつてのオアシスポケットの使用感の記憶がよみがえってきたのです。サイズ感もちょうどそんな感じです(二回りほど大きいですが)。

実際に、このPOMERADM200を使ってみると、キーピッチといい、打鍵のフィーリングといい、結構近いものがある。お帰り、オアシスポケット!
というわけで、電車の中や出張中のホテルなどで、文章を思いついたらすぐに書き留められる環境が手に入りました。この得がたい安心感に、実売3万5千円ほどの出費は安いものだと思います。(オアシスポケットは、なんだかんだで当時9万円ぐらいかかった)。
肝心の使用感ですが、なかなか気に入っています。

○画面
バックライトのついたモノクロの液晶で、表面がピッカピカのタイプです。映り込みは、面積があまり大きくないせいかそんなに気になりません。明るさは11段階で調整できます。視認性は良いです。サイズは7インチ。文字の大きさは6段階で調整できるので、結構老眼入ってきちゃったユーザーにも優しいです。

○キーボード
このサイズのキーボードとしては、優等生的なできばえでしょう。たまたま僕の手のサイズや打鍵の癖にマッチしているだけかもしれませんが、手持ちのマシンの中で最も高速に入力できます。クリック感も若干カチカチしていて好みです。ただ、あまりに長時間だと指先が痛くなってくるかもなあ。ソフトタッチが好みの方には合わないかもしれませんね。今もPOMERAで書いていますが、快適。

○ATOK
仮名漢字変換は、ATOKのPOMERA版ということで、これほんとにいいですね。辞書もなにもいじっていないのに、快適に変換できます。ふだんPCでははGoogle漢字変換を使っているのですが、変換の自然さは比べものになりません。

○Wifi
USBでPCとつなげば普通にストレージとして認識されるし、文書の保存先をSDカードにしれおけばカード経由でPCに持って行けるし、別にメーラーやブラウザが搭載されているわけではないので、この機能はマストというわけでもない気がします。一応、Wifi経由でMacOSとiOSのメモアプリと同期できたり、エヴァーノートと同期できたりするようです。OneDriveと同期できるような情報もありますね。PCでは、Simplenoteを愛用しているので、それと同期できると天国なんですけどね。「アップロード」という機能があって、自分のメールあてに書いた文章をメールできるんですが、これは時々使っています。

◯辞書
辞書は「角川類語新辞典.S」「明鏡国語辞典MX」「ジーニアス英和辞典MX」「ジーニアス和英辞典MX」が入っていて、辞書から編集中の文章へのコピペも可能です。

○高さ
こういう高さのないガジェットは打ち合わせや取材の時にも有用です。PCだとどうしても取材相手やインタビュー相手と自分との間に「壁」をつくってしまいがちです。でも、この手の背の低いガジェットだと自然に、それこそデジタルメモとして気楽に使えるのです。オアポケ~モバイルギアを使っていた頃には、たまたま、取材ものが多くて、話を聞きながらのメモに重宝していました。これも全く同じメリットがあると思います。

まだまだ使い込んでいないのでバッテリーの持ちとか検証できてないですが、なんかこれ、普段文章を書く、または文章を欠かざるを得ない人にとっては、まさしく「買い」ガジェットの予感がします。

まあ、人によっては「べつにノートPC持ち出せばいいじゃん」という意見もあると思いますが、たかだか「なぜ大型犬のほうが早死になのか」という十数文字のメモを残すためにレッツノート立ち上げたくないです。かといって紙のメモに残すと僕の場合は、時が汚すぎてあとで読めない、という事態になりがち。そうときに画面開いて5秒で入力可能で、電池長持ちなガジェットはありがたいのです。

サイズはちょっと大きいけれど、キーボードの使いやすいサイズを考慮するとしょうがないかもしれませんね。欲を言えば、もうちょっと軽ければなあ。プラスチックのぺかぺかした安っぽい出来でいいから、もっと軽いほうがうれしい。


|

« 風呂敷良いですよ。 | トップページ | 感想文:脳内整理ですべてうまくいく!(著:菅原洋平) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/66164877

この記事へのトラックバック一覧です: POMERA DM200は、黄泉の国からよみがえったオアシスポケットなのでは?:

« 風呂敷良いですよ。 | トップページ | 感想文:脳内整理ですべてうまくいく!(著:菅原洋平) »