« POMERA DM200は、黄泉の国からよみがえったオアシスポケットなのでは? | トップページ

2017年12月28日 (木)

感想文:脳内整理ですべてうまくいく!(著:菅原洋平)

「すべてうまくいく!」とか、なんか変な啓発本みたいなタイトルですが、現役の作業療法士の著者が、脳の使い方を教えてくれる本です。いわば、「脳の取扱説明書」です。Kindle版を買って読んだのですが、なかなかおもしろかったです。

◯スキマ時間のスマホ
動物の視覚の使い方には2種類あるそうです。自分で望んで視覚情報を集めている「能動的視覚」。もうひとつは予期せぬものや事態に遭遇してそれに対処しなければならない「受動的視覚」です。前者と後者を比べた場合、後者の方が遥かにエネルギーを使うのだそうです。能動的視覚で得られた情報は「そのつもりでそうしている」情報ですが、「受動的視覚」で突然やってきた情報は、緊急に対処し判断を迫られる情報で、かなりのエネルギーを使ってしまいます。
それで、スマホです。電車に乗っている時、昼食をオーダーして出てくるまでの間、もしくは食べている最中、ついついスマホを取り出して、SNSをチェックしたり、何かの検索を始めてしまったりします。僕もそうでした。この本によれば、これによって現代人の脳が疲れてしまっているという側面がある、と。仕事はしていないし、体は動かしていないので休息になっているととらえがちですが、このスマホ作業をしている時の脳は、先のエネルギーを沢山使う「受動視覚」で情報を得ています。この間、脳は仕事をしていると同じぐらいのエネルギーを使っているそうです。特に脳は「判断」にかなりエネルギーを使うらしい。
なるほど、というわけで、最近、スキマ時間のスマホをやめてみました。
で、どうなったかというと、なんか脳がラク。
例えば二時間半の打ち合わせなんて絶対眠くなるに決まっているのですが、最近、ぜんぜんなりません。むしろ、終わってみて、アレ?二時間以上もやっていたのか、みたいな。なんか、最近弱り気味な集中力が少し戻ってきたかも?

◯脳はマルチタスクに非対応
脳の特徴の一つにマルチタスクができない、という点があるそうです。そんなことはない、いろんな事、同時にこなしてるよ、という方もいるでしょう。僕もそう思いました。ですが実態はそうではなく、1個1個の両立しない作業をぱっぱかチャンネルを変えるように切り替えているだけ。それだけなら良いのですが、このチャンネル切り替えをぱかぱかやる事それ自体に膨大なエネルギーがいるそうです。つまり、1個1個を順番にこなしていったほうが、エネルギー効率は高まる。
それと、作業が一見マルチタスク風になる理由のひとつとして、脳のエネルギーが足りていず、1個の作業に集中できなくなってしまって、次から次へと新しい作業を始めてしまう、という事もあるようです。

昔から親に、1個1個に集中してあちこちやり散らかさないように!なんて言われていました。どうも「散らかしグセ」がある僕としては、このクセ、なおさねば、と思っているところです。

こんなに脳のエネルギー効率を気にしなければならない理由は、脳はエネルギーを貯める仕組みが備わっていない、という事実にあります。一日の食事量に限界がある以上、脳が使えるエネルギーも一日ごとに限られています。どうでも良いところに効率の悪いエネルギーの使い方をしてしまうと、すぐにエネルギー切れになってしまったり、疲労の回復がはかどらなかったりする、というわけなのです。

◯前頭葉を黙らせろ
前頭葉は、脳の部位のなかでは、衝動を押さえて社会的行動をとったり、断片的な情報からまとまった意味を取り出したり、といった重要な働きをしています。が、この本によると「嘘つき」で「思い込みグセがある」のもこの前頭葉の特徴だそうです。
人間の脳は、この前頭葉と、現実の感覚情報を扱う頭頂葉と常にせめぎあいながら活動しているのだそうです。で、現実の感覚情報と前頭葉が考えた(感じた?)ことが矛盾してきたり、そもそも感覚情報が不足してきたりすると、前頭葉は勝手に現実とは違う「思い」を作り出してしまいます。これが被害妄想やいやな気分などストレスの元になり、それに対処するために脳のエネルギーを使ってしまう。適度に感覚刺激や運動の刺激を入れて前頭葉が暴走しないようにする必要があるのだそうで、これも、なるほどな、と。前頭葉ってなにか、人間らしさの源、みたいな「偉いもの」というイメージありますからね。むしろ厄介者、という側面があるようです。

◯脳は臓器
この他にも、脳の栄養のこととか、睡眠のことなど、色々書いてあります。
この本の最大の特徴は、胃や心臓を語るように、脳を内蔵の一種、つまりハードウェアとして語っているところです。脳のスペック、使い方、ケアの仕方、取り扱いのコツなどを具体的に説いています。臓器どころか、パソコンや自動車、芝刈り機のようなニュアンスで脳が語られます。なんかこれが小気味いい。
脳のために簡単に実行できることが、その理由と共に沢山書いてあるので、ちょっとやってみようかな、という気にさせてくれます。

Kindle版は628円で特売中!


|

« POMERA DM200は、黄泉の国からよみがえったオアシスポケットなのでは? | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176845/66206087

この記事へのトラックバック一覧です: 感想文:脳内整理ですべてうまくいく!(著:菅原洋平):

« POMERA DM200は、黄泉の国からよみがえったオアシスポケットなのでは? | トップページ