健康

2016年3月26日 (土)

坐骨神経痛というやつで

ニンゲンは動物なので、生きつづけていくと、次第に老化しますよね。それを実感するのは、例えば、目のピント調節の筋肉が老化して近くにピントが合いにくくなる「老眼」現象など、あーあ、という感じです。
あとは、足腰の不調です。これは運動に直接関わるので、けっこうへこみます。

昨年の秋に、坐骨神経痛というものになりまして、右側の大腿の付け根や、お尻の上部分、太股の外側などが痛むのです。長時間すわったままで仕事をして、立ち上がった直後や、寝起きなど、歩こうとすると、右側のの腰というか、お尻というか、太股の付け根あたりが、ずきっとします。一時は歩くことも辛くて難儀しました。
形成外科から、整骨院へと通い、今はだいぶ楽になりましたが、年末ぐらいまで、結構辛い思いをしたのでした。

一番の原因は、編集作業で一日中同じ姿勢を続けていることのようです。
編集をしている日は、少なくとも7、8時間程度は椅子に座ってPCに向かっています。結果、同じ筋肉の緊張が続いて固まり、それが、神経を刺激して痛むのです。以来なるべく、組む足を頻繁に変えたり、座りっぱなしにならないように、時々立ち上がって伸びをするなど、気をつけています。

色々勉強すると、お尻の中の筋肉はかなり複雑です。しかも、数多くの筋肉が、協調的に動いて足腰を運動させたり、一定の姿勢を保ったりしているようです。
それらの筋肉のどれか一つが硬直しても、微妙なバランスが崩れ、別の筋肉を過度に緊張させて凝りを作ってしまうのだそうです。
この図で言えば、梨状筋とか、中殿筋あたりが痛んでいるもようです。

歩きながら、座りながら、いろいろを試したりチェックしていて気づいたのは、腰が痛いのは、腰だけの問題ではなく、例えば、足首やふくらはぎががこわばっていると、腰がいたむ。太股の筋肉がこわばっていても、腰がいたむ。腰から下の動きの悪いところを、腰でカバーしようとして、余分な負担がかかるようです。
試しに、足首やふくらはぎのストレッチを念入りにすると、歩く際の腰の痛みがそうとう和らぐのです。

今も週に一度程度、整骨院に行って、びりびりして気持ちいい電気治療とマッサージをしてもらっていますが、ニンゲンの下半身のアクチュエーターのバランスの精妙さに感じ入る日々であります。

こういうのは、まだ体が柔軟な若い頃にはさっぱり実感できないことですが、歳をとると、痛みや不具合とひきかえに、分かっていくんですね~。
ちょっとおもしろいのは、腰の痛みに注意して歩いていると、腰から下や、上半身の姿勢やバランス、果ては、足の裏の角度、さらには、地面の傾斜やでこぼこにまで注意が広がって、単に歩いているだけなのに、そこで扱っている情報量の多さにビックリします。腰の痛みがなければ、それらはすべて無意識のうちに処理されていたものです。身体ってすごいな、とあらためて思いますね~。という同時に、二足歩行ロボットを作るのは大変なことなんだな、と…。

これは、痛みに割と効果的だった、ストレッチ本です。動的ストレッチといって、準備体操のような動きで、筋肉や筋を活性化する手法の手引書。なかなか役にたちました!


| | コメント (0) | トラックバック (0)